Profile

1998年6月5日生 大分県出身

「命に向き合ってない人になんか響かなくていい」表現することで、“生きる”ことに向き合い、表現することで“生きる”ための感情を揺さぶる、創作者“湯木慧”。

音が信じられなくなったら目に見えるモノを頼りに、目に見えるモノが信じられなくなったら聴こえてくる音を頼りに、“耳”で聴く「音楽」と“目”で観る「アート」で無限色の音を描くアーティスト。

表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオ、衣装の制作などにも深く関わり、自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。

小3でトランペットをはじめ、吹奏楽から音楽に出会う。11歳からアコースティックギターを独学で始め、12歳の時に初めて曲を作り始める。楽曲発表の場として高校1年生の時に開始したツイキャスの総視聴者数は、わずか2年ほどで累計200万ビューを超え、「デジタルネイティブ世代の音楽表現者」として注目を集める。

高校在学中の2015年6月に1stミニアルバム『Prologue』、同年12月に1stシングル「記憶」、2016年8月に2ndミニアルバム『EPILOGUE』を自主制作盤としてリリース。

2017年2月22日に初の全国流通盤となる1stミニアルバム『決めるのは“今の僕”、生きるのは“明後日の僕ら”』、9月20日に2ndミニアルバム『音色パレットとうたことば』をLD&K Recordsからリリース。東名阪ワンマンツアー、3ヶ月連続個展&ワンマンライブ、5大都市ツアーを開催。

2018年2月には、舞台「人生の最後はきっといつも最悪。」の主題歌を含む両A面デジタルシングル『チャイム/嘘のあと』をiTunesStore限定でリリース。3月には渋谷duoMUSICEXCHANGEにて、自身最大規模となるワンマンライブ「水中花」を開催。10月17日には新作アルバム『蘇生』のリリース、その後、アートコンプレックスホール(東京)、BodaijuCafé(大阪)でワンマン個展ライブ『残骸の呼吸』を開催。

2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生〜バースデイ〜』でメジャーデビューを果たし、同日、四谷天窓にてリリース記念ライブ「誕生〜始まりの心実〜」を開催。8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリース、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開催。11月にはGalleryConcealShibuyaにて初の単独個展「HAKOBUne-2019-」を開催、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。

2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8月8日に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、10月1日から全国順次公開の映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」を9月29日にリリースした。